長期継続就労に向けて!事前職場見学や短時間勤務から開始!

LONG

メンタル疾患者や発達障害者は健常者に比べて離職率が高いと言われており、早期退職してしまう人も多くいます。この早期退職、すなわち初期段階での退職をなくす方法としてあげられるのが、事前職場見学と短時間勤務から始めることです。

目次

初期段階でのミスマッチ

就職して働いてみたら、想像と違い環境が悪く続けていく自信がなくなった、このような早期退職をしてしまう人もいます。

適応力のある人は働き続けていく中で、当初の環境の悪い印象も全く気にならなくなるでしょうが、HSP(ひといちばい繊細な人)傾向のある人や障害特性でどうしてもその環境に適応できない人もいます。募集要項や面接において知ることのできない初期段階でのミスマッチです。

事前職場見学

中には面接当日やどこかのタイミングで職場を見せてくれる会社もありますが、決して多くはありません。職場環境など、ある程度のことを事前に知ることができれば、初期段階でのミスマッチは防げますが、どうすればよいのでしょうか。それには、ダメ元で事前職場見学を頼んでみましょう。

ハロワであればハロワの職員が、エージェントであれば担当コーディネーターが応募先に問い合わせてくれるはずです。事前に職場を知ることによって入社意欲が高まり、濃い志望動機を伝えることもできるかもしれません。

また、職場を見ることによって環境だけでなく、働く服装、どんな人が働いているのかなども感じとることができます。些細な理由で早期退職しないためにも、不安な人は是非、事前職場見学をすることです。

短時間勤務

もう一つ、早期退職をしない方法というのが、短時間勤務から始めることです。いきなりフルタイム労働というのは、やはり精神的にも肉体的にも疲れやすくストレスが溜まりやすいものです。

その結果、ささいなストレスや小さな出来事がきっかけで早期退職に至ることが考えられます。そうならないためにも短時間勤務から仕事を始めて徐々に仕事や職場に慣れていくことが大切です。

まとめ

  • 働いてみたら想像と違い早期退職してしまうケースもあります。
  • 事前職場見学をして働くイメージを掴むことです。
  • 短時間勤務から始めて体を慣らしていくことです。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次