就活・転職の専門書を読もう!読むことで他者に差をつける!

専門書

就活でするべきことに一つに、就活・転職の専門書を読むことがあげられます。メンタル疾患者や発達障害者の中には、この就活・転職の専門書を読まずに就活をする人もいますが、読むことにより、他の就活者であるライバルに差をつけることができるのです。

目次

昔から変わらない

就活・転職活動の本や専門書には、就活・転職のテクニックやノウハウがいろいろ存在しますが、多くのことは第一印象やコミュニケーションが大切など、書いてあることは昔から変わりません。

もちろん、時代によって違うこともあり、例えばパソコンが普及するまでは、応募書類は手書きがベストという考えが多くありましたが、最近ではパソコン作成で構わないという考えが多くあります。また、新型コロナウイルスの影響かオンライン面接のノウハウを収めた専門書もあります。

健常者向けの専門書

この専門書の多くは健常者や新卒者向けのもので、障害者向けの専門書は非常に少ないのが現状です。障害者向けのものがあったとしても、就活者向けではなく採用側の専門書だったりします。そのような中、障害者であっても健常者や新卒者向けの専門書を読む意味は多くあります。

就活においては、健常者も障害者もやることに対しては変わらず、その主な内容は応募書類の作成の仕方、面接の受け答え、身だしなみ、マナーなどです。そのため障害者であっても健常者と同じレベルのことをすることにより、健常者並の能力を持った応募者とみられることになるのです。

就活・転職全般と応募書類と面接

障害者向けの専門書が少ない中で、読むべき専門書というのは、健常者向けの一般的な専門書で構わないのです。専門書は、就活・転職全般と応募書類と面接の3分野を最低各1冊ずつ読むことですが、できればいくつかの方法を知るためにも、合計3冊ではなくそれ以上読むことをお勧めします。

そして、刊行された時期が新しい書籍の方が情報も新しいので良いでしょう。専門書を読んでピンときたり目から鱗のように感じた記述があれば、必ず自分のものとして就活に反映させることで、他の応募者よりも一歩先をいくことができます。

無料動画

就活・転職の専門的な情報は書籍だけではありません。ここ最近は、動画配信サービスのYouTubeでも情報発信している人は結構います。

本が向いているか、動画が向いているかによって好みの情報を得れば良いのではないかと思います。

まとめ

  • 就活・転職活動の専門書を読むことが大切です。
  • 障害者であっても、健常者が使用する一般的な専門書を読むことです。
  • 読むべき専門書は、就活・転職全般と応募書類と面接の3分野です。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次