面接当日は気を抜かない!どこで誰が見ているかわからない!

注意

面接の当日は、どこで誰が見ているかわからないという意識を持つことが大切です。そうそう偶然は起こりえませんが、どこで応募先の関係者が見ているか分かりません。面接当日は気を抜かないこと、挨拶を忘れない、トラブルになるようなことはしないことです。

目次

気を引き締める

面接の当日に、家を出てから面接場所に行くまでは、常に気を引き締めて常に面接担当者が見ているのだという意識で行動することが大切です。

電車の中で大きく脚を組んだり、脚を開いたりしてマナーのない行動をとったりしたり、時間に余裕を持って家を出て、面接場所の近くのカフェで時間を潰すときにも、店員さんに対して横柄な態度を取ったりしないようにすることです。

挨拶を忘れない

もし、面接担当者やその会社の従業員に見られて恥ずかしい行動をしている人がいるのであれば、改めるべきです。また、受付担当者や面接場所まで案内してくれる人に対しては、丁寧な対応を心がける必要があり、清掃の人や警備の人とすれ違った際には会釈をしましょう。

面接場所の建物外においても、気を引き締める必要があるのか疑問に思うかたもいるかもしれませんが、その理由としてあげられるのが、トラブルに巻き込まれないようにするためです。

トラブル防止

例えば、電車の中で音楽を聴いていたところ音漏れしていて、誰かに注意されることがあるかもしれず、注意で済めば良いのですかその相手に絡まれてしまい、それが発端でトラブルに発展してしまうことのないように、いつもよりも注意ある行動が必要になってきます。

そして、面接が終わればさっさと面接場所から離れる必要があり、神経質な行動かもしれませんが、どこで面接担当者が見ているかわからず、常に社会人として、ビジネスパーソンとしての振る舞いをしておくべきです。

まとめ

  • 面接当日は、どこで誰が見ているかわからないという意識を持つことです。
  • 面接会場では、誰にでも会釈程度の挨拶はすることです。
  • 社会人としてトラブルになりえる行動は慎むことです。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次