求人票にも第一印象が!応募するか迷ったら運や感を信じる!

CHECK

応募先の情報は、求人情報とその応募先のホームページがメインとなります。これらの情報からでは、本当にその応募先と自分がマッチングするかはわからないのですが、基本、マッチングするかしないかは第一印象や運や感に頼るところが多くなります。

目次

この応募先

就活において、どんな応募先がいいのか、どんな応募先が自分とマッチするのを考えたときの、一つの目安になるのがその応募先の第一印象になります。

就活する際に、自分の妥協できない条件やできれば希望したい条件などがある中、いくつもの求人情報の中から応募先を選ぶのですが、この段階で悩む方も多く、なかなか応募に至らない人もいます。

では、どうやって応募先を見つければ良いのかというと、求人情報や企業のホームページなどの情報を見て、これは良いな、と直感で応募先を選ぶのが良いでしょう。

第一印象で選ぶ

結局のところ、第一印象で選ぶという手段は、ベターな応募先の選び方なのです。これは、雇用する側である応募先も同じであり、応募者の第一印象に左右されている採用担当者は少なくありません。

しかし、いくら第一印象が良くても、長続きしないケースもあり、結局ミスマッチになるケースもあります。このミスマッチを防ぐには、入社する前により多くの企業の情報を得る必要があり、その方法としては、トライアル雇用、体験実習、事前職場見学であり、また、その企業のホームページ以外のインターネットの情報である企業のSNSや企業名や社長名での検索してみることなどがあります。

運や感

第一印象に大きく関わるのが、運や感といった理屈では説明できない要因もあります。なんとなく、この会社良いな、と思われる求人があれば是非とも応募してみることです。

実際に働いてみないと、その企業とマッチするかしないかはわかりませんが、働く前段階でマッチするかしないかは、もう第一印象しかないかもしれません。

ただし、第一印象であっても、求人票を見た後に「でも〇〇が…」や「だけど〇〇が…」などという言葉が出てくることがあります。それが、あなたのこだわりの部分であり、求人に求める本音ということです。この本音がわかったら、求人に対して妥協せずじっくり就活をするのも一つの方法です。

まとめ

  • 応募先に特に条件がなければ第一印象で決めます。
  • 第一印象は求人票だけではなく、企業のホームページなども参考にします。
  • 入社前の体験実習や事前職場見学を利用することです。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次