就活に関する2つのタイプ!こだわり型と数うちゃ当たる型!

TYPE 就活

就活には2つのタイプがあります。狙いを定めてどうしても譲れない条件をクリアした求人にしか応募しない「こだわり型」、そして闇雲に応募し働かせてくれるのならぜいたく言わないという「数撃ちゃ当たる型」です。この2つのタイプを説明します。

こだわり型

こだわり型の例としては、職種は一般事務、通勤時間は45分まで、会社の規模はそれなりに大きい、給料は月給17万円以上、職場に自分と同じ障害者がすでに勤務しているなどなどと多くのこと望みます。

求人件数が激減するどころか、多くの求人チャネルにアンテナを立てていないと滅多なことでは応募先が見つかりません。

条件を下げる必要

しかし、条件にあった求人があった場合には、それのみに内定獲得を狙うので入念な自己分析や企業研究をして、その応募先向けの最高の志望動機や自己PRのある応募書類の作成ができます。

面接対策もバッチリであり、面接においては「御社が第一希望です」「他に受けている企業はありません」と先方が安心する言葉を伝えることができ、内定を頂いた時は、他社と迷う理由もなく「是非、お願いします」と言えます。

ただし、希望の条件に見合う求人になかなか出会えないため、就活は長期化傾向になりやすく、こだわり型は少し条件を下げる必要があります。どちらかというと就職中で良いところがあれば転職するという人に見られるタイプです。

数うちゃ当たる型

数うちゃ当たる型となると、求人に対しての自分の希望は少なくなり、希望職種が事務職であれば、他のことは何でも構わないと言う具合です。

合同面接会があれば絶対に参加し、面接を受けまくり、就活スケジュールは過密になり、仕事よりも忙しい日々を送ることもあります。

計画性が必要

応募書類は、一社一社に対して念密に考えたものではなく、応募書類のベースを作成し応募先ごとに少々変化させる、もしくは日付以外、全く同じものを提出する傾向もあり、その結果、採用される割合も少なくなります。

無職の人が、とりあえず仕事を見つけないと、という思考でこのやり方で就職活動することが多くあります。

数うちゃ当たる型は入社しても働きにくい環境であったり、待遇に不満が出たりと長期継続就労が難しくなることもあります。

両者の良いところ

どちらが良いと言うことはありません。採用はタイミングなのでこだわったにも関わらずすぐ内定が出る、たくさん応募しているのに全然内定がもらえないこともありえます。

ですが、就活というのは、両者の良いところである計画性と柔軟性の両方を兼ね備えて、後悔のない仕事に就いて、長期継続就労をすることを目的として行うことが望ましいのです。

まとめ

  • こだわり型とは、希望条件が多いが入念な準備ができます。
  • 数うちゃ当たる型とは、条件は下げて多くの求人に応募することです。
  • 就活は計画性と柔軟性をもって、長期継続就労を目指すことです。
タイトルとURLをコピーしました