応募先が求める人材像!就活とは無難なスタイルで臨むこと!

CHECK! 就活

就活においては応募先へインパクトを与えることも時には必要です。しかし、それもほどほどにして基本は無難なスタイルで行うことです。無難とは応募先の求める人材像に適したスタイル、すなわち応募先の色に合わせる協調性が大切ということです。

協調性

応募先がどんな人材を求めているかというと、ズバ抜けて優れた人材でもなく、応募先が求める能力に満たない人材でもありません。応募先が求める人材というのは、そこそこ抜き出ている人材になります。

また他に重要視しているのは、応募先の輪に入れるか会社の色に染まれるか、もしくは応募先の色と同じ色なのかです。わかりやすい表現で言うならば、協調性ということです。

会社の色に合わせる

では、具体的に応募先の色とは何かというと、応募先の雰囲気や働いている人の雰囲気ということです。わかりやすくいうと、自分が初対面の人と対面したときに何となくこの人とは合う、または合わないということを感じる人がいるかと思いますが、まさに応募先もそのような感覚を採用の一つの基準にしています。

そこで、最近の就活では金融業やサービス業など業界によって応募者はメイクや髪型、服装などをいちいち変えてその応募先の雰囲気に合わせているのです。このこともわかりやすく伝えると、面接の服装も障害者枠の一般企業であればリクルートスーツ、単発アルバイトの倉庫内仕分け作業であれば楽な服装で面接に行くということです。

普通イコール無難

そうなってくると障害者枠での応募では、基本的に無難な服装などで臨むのが好ましく、応募書類に関しても冒険するのではなく無難な応募書類を提出することがベストとなります。一言で言ってしまうと、無難とは世間一般で言われている普通のことであり、普通とは大多数の人がやっていることになります。

なかには、そのような無難な応募者を求めていない応募先もありますが、その際には応募先のホームページにどんな人材を求めているかが掲載されていることがあるので、それを参考にその応募先の求めるスタイルで挑むことです。

自社に合う人

例えば、IT系やファッションアパレル系であれば、リクルートスーツではなく、カジュアルな服装でも面接可能なケースもあります。もちろん、どんなスタイルで面接に行けば良いか悩んだ際にはリクルートスーツで行くことが無難で失敗する恐れが少なくてすみます。

このように、無難なスタイルで臨むことにより、応募先である会社側も自社に溶け込みやすい、また大事にしている自社の色や雰囲気を壊す人材でないと理解してくれます。どんなに欲しい人材であっても自社の色や雰囲気に合わないような人材であれば、採用をためらうことはありえるのです。

まとめ

  • 応募先が欲しい人材は、自社の色や雰囲気に合う人材です。
  • 応募先には色や雰囲気があり、それを企業研究で読み解くことです。
  • 基本的に無難なスタイルで就活に臨むことが好ましいのです。
タイトルとURLをコピーしました