退職理由は必ず解決!二度と同じ理由で退職してはいけない!

退職願 就活

前職を退職した理由というのは、必ず解決しておくことが重要です。二度と同じ理由で退職しないようにすることが求められ、前職の退職理由が解決できていないということは、採用担当者にまた同じ理由で退職してしまうと思われてしまいます。

安心できる退職理由

前職を辞めた理由が、体調不良というメンタル疾患者や発達障害者は多いはずです。この体調不良ですが採用担当者が知りたいのは、なぜ、体調不良になったかです。残業が多く休みがなかった、中間管理職という立場で大変だった、働き過ぎによるオーバーワークなどあります。

残業が多い、休みがない、中間管理職、オーバーワークが理由であれば、そのようなことのない応募先であれば体調不良もなく働けると考えます。つまり採用担当者は「うちの会社であれば、そのようなことはないから大丈夫です。」と応募者に伝えられ、この応募者はすぐには辞めないだろうと安心します。

同じ理由で辞める

しかし、困りごとを相談する相手がいなかった、ストレスに弱く些細なことで会社を休んでしまったために退職してしまった、などの理由となると採用担当者はこう思います。「また、同じ理由で辞めてしまうのではないのか」

そのため、応募者は前職を辞めたときと今では、自分自身が同じ理由で退職しないように改善しておく必要がでてくるのです。就職を早く決めたい気持ちはわかりますが、このことができてないと、いつまで経っても採用されるのは難しいということです。

変わったことを

具体的には、相談相手がいなかったが現在は支援機関に定着支援をお願いしており、今後何かあれば相談に乗ってもらえる環境ができている。ストレスに弱く些細なことで会社を休んでいたが、医療機関と連携をして仕事のことも相談に乗れるようになっている、カウンセリングで認知行動療法を受けて、物事の捉え方が変わったなどと伝えるのです。

結論として、退職しましたので再就職します。ではなく、退職し、退職理由を振り返り、今後退職しないためには何をするべきかを考えます。そして二度と同じ理由で退職しない状態に改善できていないと採用は難しいということです。

まとめ

  • 同じ理由で退職しないことが重要です。
  • 採用担当者に、また同じ理由で辞めると思われないようにすることです。
  • 具体的に、退職理由を改善してから就活することです。
タイトルとURLをコピーしました