就職活動でのマストアイテム!ジャケットを1着は持つべき!

MUST 就活

転職活動においては、リクルートスーツがどんな場面においても必須というわけではありません。しかし、カジュアルすぎる服装では失礼にあたる場面もあります。そんな時に重宝するのがジャケットであり、この必要性についてお伝えします。

リクルートスーツ

障害者雇用の面接の服装は、上下黒のスーツ、いわゆるリクルートスーツが定番とされています。しかし、障害者転職エージェントの初回登録面談、就労継続支援事業所や就労移行支援事業所(以下、移行)の見学、入所前面談、面接などではリクルートスーツでなくても構わないのです。

リクルートスーツでなくても構わないのであれば、どんな服装でも良いのかというとそうではありません。

ジャケット着用

では、リクルートスーツではかしこまりすぎだけど普段着などのカジュアルすぎるのは失礼だなと悩む時は何を着れば良いのかというと、ジャケットを着用するのがよいでしょう。ジャケットを着用することで、熱意や真剣度、先方に対してのある程度の礼儀を伝えることができます。

また、実際に仕事をする際にも、働く環境によっては、最近ではノーネクタイで構わないという、オフィスカジュアルの職場も多くあり、この場合もジャケット着用が好ましいです。

イメージ検索

イメージで見るとわかりやすいので、クールビズやウォームビズ、そしてオフィスカジュアルのキーワードでネット検索すると参考画像が出てきます。購入する先は、ユニクロやGUなどのファストファッションで充分です。

また、黒いジャケットと黒いパンツで上下揃えると、リクルートスーツのようにしっかりとした印象を与えることができ、最近ではユニクロが感動シリーズとしてオフィシャルの場面で活用できるジャケットやパンツを販売しています。

まとめ

  • リクルートスーツでなくても、良い場面ではジャケットを着用します。
  • ジャケットでイメージ検索すると参考画像が出てきます。
  • ジャケットは、ファストファッションで購入できます。
タイトルとURLをコピーしました