就活中の生活費を考える!希望の仕事につくためにはマスト!

生活費 就活

就職期間中の生活費や、就職にかかる費用のことを考えて就職を行わないと、就職を焦るあまりに希望の仕事に就けなくなることもあります。就活期間中は、障害者年金や失業保険の収入、そして、ある程度の貯蓄があることが望ましいです。

計画的

就活というのはお金がかかり、失業中に貯蓄がなくなってしまうと、とりあえず働くことが優先され、本当にやりたい仕事に就くことも難しくなることがあります。今の仕事を辞めてから、就職を目指すのであれば生活費のことを考えておくことです。

就職期間中に失業中であっても、無駄使いさえしなければそれほどお金は必要ないと思う人もいるかもしれませんが、実際は、ハローワークや支援期間への交通費、証明写真の撮影代、応募書類の送付切手代など費用はかさみます。そのため、何かしらの収入源やある程度の蓄えが必要となり、計画的に生活する必要があります。

理想は

可能であれば、就職している間に転職活動を行なって、次の仕事が決まってから現職を退職するのが理想的です。理想どうりにことが進むのであれば、まず金銭面での不安は無くなります。

しかし、実際はハローワークへ行く時間が取れなかったり、体調不良になってしまったり、思うようにいかないのが就活でもあります。そこで必要になるのが、障害者年金や雇用保険の受給いわゆる失業保険、または、ある程度の蓄えを用意しておくことです。

失業保険

就職困難者である障害者が失業保険を得るには、離職前の1年間に被保険者期間が通算して6か月以上で、受給されるのは一般的に退職後4ヶ月目位からになりその間は無収入となります。障害者年金も失業保険も貯蓄もないのであれば、就活に支障がないように働くことになります。

いつ採用されるかわからないだけに、就活期間中は、無駄遣いは慎みましょう。無職状態で就活をするには、当然日々の生活費も必要になるため、お金に余裕がある就活をすることが大切です。

まとめ

  • 就活期間中は何かとお金がかかります。
  • 無職での就職をするには収入源が必要です。
  • 無職状態での収入源は、失業保険や障害者年金、貯蓄を切り崩すなどです。
タイトルとURLをコピーしました