精神・発達障害者に一番求められること!体調や勤怠の安定!

重要! 就活

メンタル疾患者や発達障害者に求められる一番のことは、体調の安定すなわち勤怠の安定です。採用担当者は応募者に対して、決められた日に決められた時間、元気に働いてくれる勤怠の安定を求めています。この体調や勤怠の安定はできていて当然です。

服薬管理

通院・服薬をしているメンタル疾患者や発達障害者は多いですが、通院はきちんとできるけど服薬管理ができない人がいます。飲んだか忘れてしまったこともありますが、このことは服薬管理を徹底することで対応できます。服薬管理の仕方としては以下の例があります。

  • お薬カレンダーやピルケースに薬を入れる。
  • 服薬時にスマートフォンのリマインド機能やアラーム機能を使う。
  • 誰かに確認をしてもらう。

自己判断による服薬

しかし、中には主治医に言われた処方を勝手に変えてしまう、服薬を止めてしまう人もいます。また薬の効果が得られないということでお酒と一緒に服薬する人もいます。そもそもですが、メンタル系の薬とお酒の相性は非常に悪く、薬の効果が効かなくなったり変に効きすぎてしまうことになります。

処方を勝手に変えることや止めてしまうことも非常に問題です。メンタル系の薬というのは、即効性のあるものもありますが、長い期間服薬して効果を得るものがあります。そのため、効かないと言って勝手に服薬を止めてしまってはいけません。必ず主治医に相談する必要があります。

通院先の問題

いくら何かあったら主治医と相談するようにと言われても、中にはなかなか主治医と相談ができない人もいます。初診や2、3回程度の通院で判断するのではなく、半年も通院してもこの主治医とはうまくコミュニケーショが取れない、きちんと相談ごとを伝えられないようのであれば、思い切って転院を考えて良いかもしれません。

ボクが通院先を選ぶ時の大きな理由には、主治医との診察の前に、看護師や心理士などとの面接の時間があるかです。この面接は、基本的に時間に制限はなく面接結果を主治医へとフィードバックしてくれます。

主治医との診察では、ダラダラと話すことはなく重大なことについて話すだけになります。そのため、患者が伝えたいことは必ず主治医へ伝わることができるのです。

ストレス

これらの服薬と通院をしっかりすることが、体調管理をする上での非常に大きなサポートになります。基本的なこととしては、規則正しい質の良い睡眠、栄養バランスの取れた食生活、適度な運動があり、特に睡眠について何か気になることがあれば、主治医へ相談し睡眠安定剤などを服薬するのも一つの手です。

そして、一番気を付けることはストレスです。特に働くことによって感じるストレスとしては、規則正しい生活になれるまでのストレスや満員電車での通勤によるストレス、そして一番大きな注意・叱責されたことによるストレスなどがあります。これらのストレスをため込まないためにも休憩や睡眠、ストレス発散を目的とした余暇活動などを行う必要があります。

就活の最終目標

体調管理という自己管理は、就活において基本中の基本であり、資格取得やコミュニケーション能力、就活ノウハウやテクニックよりもメンタル疾患就活者や発達障害者に求められるものです。

これができないと長期継続就労という就活の最終目標を達成するのは難しいです。そして採用担当者も、メンタル疾患者や発達障害者に対してはこの長期継続就労を一番求めているのです。

まとめ

  • 応募者に一番求められるものは体調の安定、勤怠の安定です。
  • 規則正しい生活をし、主治医や服薬とうまく付き合うことです。
  • 就活の最終目標は長期継続就労です。
タイトルとURLをコピーしました