就活におけるビジネスマナー!相手に対する気配りと心配り!

就活市場においては色々なビジネスマナーが存在しますが、ビジネスマナーの本質というのは、相手を思いやることや相手への気配り心配りのことです。礼儀作法なども大切ではありますが、相手のことを第一に考えて行動することはとても大切なことです。

目次

ビジネスマナーと礼儀作法

ビジネスマナーの一般的な意味としては「会社員、社会人としての礼儀作法」とのことであり、服装、身だしなみ、持ち物、行動など色々あります。

詳しく解説された専門書があるので参考にするのが良いのですが、このビジネスマナーの全てを覚えるのは、正直いって難しく意味があるのかとも思えます。

ノックの適切な回数

例えば、面接での入室時のノックの回数ですが、2回はトイレのノックだから3回が正しい、2回の方がリズムとして良いから2回が正しいなど、専門書によって書かれていることが違います。

そのため、2回なのか3回なのか悩む方も多いと思いますが、ボクはどっちでも良いのではないかと考えます。その理由として、マナーを重んじる専門職なら別ですが、一般的な障害者雇用に置いては入室時のノックの回数は合否に関わる重大事項ではないと考えています。

ちなみに、ノックの回数は、その会社の従業員がノックをすることがあれば、その数と同じ数のノックをすれば問題ないです。

相手への配慮

では、ビジネスマナーとはなんなのかというと、ボクが考えるに職場や社会において相手の立場を考えた行動であり、マナーというより、相手への配慮、気配り心配りと考えた方が簡単かもしれません。

このことは、もちろん就活時にも必要です。見やすいような応募書類を作成する、面接での受け答えは、採用担当者が理解しやすい受け答えをする、相手が気持ちよく思えるような立ち振る舞いをするなどです。

他の誰かと共に仕事をする環境であれば、当然、誰もが誰かに対してでも心づかいができる環境が働きやすい環境であります。ビジネスマナーの細かいことを気にしたらキリがないのは事実ですが、相手のことを思いやることや気配り心配りを決して忘れない行動を取ることが大切で、ビジネスで大事なこととは、「相手の立場を考えること」に尽きます。

マナーがわからない

例えば、面接の場面で部屋に案内された時に、基本は立って待つのですが、座る席がわからない場合は、案内の方に確認をして指定された場所に座ります。面接当日があいにくに雨で、面接会場の傘立てを使用していいのか悩んだ際にも、案内の方に聞いて指示に従います。

このように、なんでもかんでもというわけにはいきませんが、その場で尋ねてしまっても構いません。

マナーがない

マナーがない応募者を採用担当者はどう思うのかというと「常識がない」結果、即戦力にならないという判断を下されてしまいます。これは当然のことで、入社してもらっても挨拶や敬語を使っての話し方など一から教えていくことは考えていないからです。採用するのであればこれらの最低限のことができていることが条件となります。

人材を採用するには、コスト、お金がかかります。一般枠の中途採用では一人当たりのコストとして100万円以上かかることもあります。採用コストにお金をかけることは致し方ないとして、採用してからの教育コストは減らしたいというのが採用側の思いではないでしょうか・

まとめ

  • ビジネスマナーは、礼儀作法だと言われています。
  • あまりビジネスマナーを気にすることはありません。
  • 気配りや心配りなどの相手を思いやる気持ちが大切です。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次