就活で意識するべき2つのこと!「明るい」と「努力」です!

就活で求められる人材の多くは、真面目で第一印象が良いことであり、このことは基本中の基本であります。より具体的にどのような人材、どのようなメンタル疾患者や発達障害者を求めているのかというと、「明るい」と「努力」この2つになります。

目次

ネガティブイメージ

そもそも就活とは、素晴らしく優秀な人材が必ず採用されるというハイスコア勝負ではなく、応募先と応募者がマッチするかしないかのマッチング勝負です。そこでメンタル疾患者や発達障害者が就活においてまず意識することは、ありのままである等身大の「明るい」と「努力」です。

「明るい」と「努力」以外にも就活で求める人材像はいくつもありまが、なぜこの2つなのかを言葉を選ばず伝えると、障害者のイメージとしては暗い、元気がない、我がまま、自分勝手、努力をしないなどのネガティブなイメージを抱いている人がいるからです。

そこでそれらを払拭させるイメージを採用担当者に伝えるために明るい、努力をアピールする必要があります。それでは、この2つについて解説していきます。

明るい

元気、ポジティブ、前向き、このようなキーワードを盛り込むことで明るさが伝わります。特に注意したいのがコミュニケーションの明るさで、例えば、元気に挨拶をすると挨拶をされた方も気持ちはよくなります。このようなことが社内の人間関係を円滑にするので重要になります。

面接での受け答えでもハキハキと明るく元気よくを意識して、楽しかったことや、良かったことを伝える時は多少の笑みを出すと効果的です。

メンタル疾患者にはメンタル面の弱さの印象があり、そこから暗いイメージを連想してしまう採用担当者がいるので、それを払拭させるためにも明るいは重要ということです。

努力

ゆっくりでよいので確実に目標達成できる、達成できるまではトコトン取り組める、最後まで諦めない力である継続力がある、これらは一言でいうと努力ということです。努力せずに成果を得た体験談よりも、成果は得られなかったがどのような努力をしたのかを伝える方が採用担当者にはアピールになります。

職歴があれば、その中から少しでも努力したことをピックアップして伝え、職歴がなければ就活中のことや学生時代のエピソードから、努力したことを伝えます。ありきたりの努力であっても自分がそれをしたことによってどう変わったのかを伝えられると良いでしょう。

健康的に長続き

この明るい、努力を解説しましたが、別の伝え方をすると、明るいは健康的、努力は長続きとも考えることができます。メンタル疾患者や発達障害者が働く上では、健康的に長続きしたいという気持ちを伝えるのです。

そのため、この明るいと努力を就活の時だけではなく、常日頃から意識して生活することです。

まとめ

  • 就活において求められる人材の特徴の一つは「明るい」です。
  • 就活において求められる人材の特徴の一つは「努力」です。
  • 健康的に長く働き続けることが大切です。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次