採用フィルターは存在する!障害者雇用にも数々の網がある!

RECRUIT 就活

採用する側は、どんな人材が欲しいのかを事前に決めておき、それにマッチした応募者を採用します。この応募者の選別する網を「採用フィルター」と呼びます。この採用フィルターは、当然、メンタル疾患者などを対象とする障害者枠にも数々あります。

採用条件

好条件の求人になると応募者は殺到し、採用担当者が応募書類の全ての項目を確認していたのでは、非常に時間がかかってしまいます。また、採用する側が、どんな人材が欲しいのかを、事前に決めていることもあります。

そのため、採用する側が決めた採用条件に通過した応募者のみが、面接へと通過できる仕組みを取ります。この採用条件を応募者を選別する網、いわゆる「採用フィルター」と呼び、多くの採用の場面で使われることがあります。

フィルターの作成方法

例えば求人を出した職場が、大学卒業の20代の女性で構成されており、募集職種は事務補助とします。これを踏まえて採用条件を導き出すと、採用者が男性や30代以上だと職場の人材とマッチしない、職場の人材と同程度の学力は欲しい、PCスキルはさほど必要としないとなります。この結果から以下のようなフィルターが完成します。

  • 性別:女性
  • 年齢:20代
  • 学歴:大卒
  • PCスキル:入力程度で可

応募者の応募書類が、この条件であるフィルターにかかってから本格的に選考に入り、フィルターにかからない応募者は、残念な結果になります。

フィルターの種類

フィルターをかけた結果、応募書類を見る際にはそのフィルターをかけた項目しかチェックしないので、いくら他の項目が立派であっても全く相手にされません。例えば、どんなに優秀な応募者であっても、性別フィルターとして女性が条件であれば男性は採用されません。

そして、フィルターには、性別、年齢、学齢、転職回数、職務経験年数、障害者求人であれば障害種別なども存在し、求人票に明記されているものもあれば、明記されていないもの、できないものもあります。

書類選考が全然通らないで嘆く人もいますが、採用フィルターにかからないだけであって、応募者を認めていないわけではありません。

まとめ

  • 採用する側は、事前にどんな人材が欲しいかの条件を決めています。
  • 採用条件、いわゆるフィルターに掛からないと採用されることはありません。
  • 不採用になったからといって、あなたを認めていないわけではありません。
タイトルとURLをコピーしました