過去の失敗の伝え方!面接ではV字回復ストーリーで伝える!

V字回復 面接

誰しもが持つ過去の失敗ですが、これの面接での伝え方と言うのはV字回復ストーリーにして伝えることです。人生において一度はダメになってしまったことであっても、そこから這い上がってきたことに対して評価をしたくなる面接担当者はいます。

不安を抱いている

ボクのように転職回数が人並み以上にある人は、それが求職活動においてネックですが、半年、1年、時には5年以上もブランク期間がある人は、それがネックで悩んでいます。

長期ブランク期間を、どのように面接担当者に伝えるかが問題で、親の介護、自分探しの旅などの長期ブランク期間の理由があるのなら、それをそのまま伝えれば良いのですが、いわゆるニート状態やひきこもり状態の人は、それらの理由を正直に伝える事でマイナスにならないかの不安があります。

ピーク・エンド・セオリー

しかし、ニート状態やひきこもり状態であってもこの際それを正直に伝えてしまい、なぜそのようになったのか、そして、どうして就活するようになったのか、この理由をV字回復ストーリーとして伝えるのです。

V字回復ストーリーとはV字のごとく、いったん落ち込みますがそこから這い上がる状態のことで、例えば、業績が赤字に転落してしまった会社であったが、そこから経営改善をして業績回復したようなストーリーです。面接担当者に限らずこのV字回復ストーリーを好む人は結構いますので、それだけ効果的な手法になります。

ちなみにこのV字回復ストーリーは「ピーク・エンド・セオリー」という心理効果でもあり、人は感情のピークとエンドに差し掛かった事に強い影響を受けるこということです。

具体例

具体的なニートやひきこもりの伝え方としては

「何度も面接に辿りつけず、就職は諦めました。しかし、家族が毎日頑張って出社する姿を見て、このままではいけない、もう一度就職し家族や誰かの役に立ちたいと思ったからです。そして、相変わらず何度も不採用を通知を頂きますが、今回は決して諦めずに就職活動を続けております。」

簡単ですが、このような感じで伝える事ができれば良いのです。

就活は自責

一旦は、落ちたけど這い上がったというV字回復ストーリーは、面接担当者に強く響くはずです。大きなインパクトを与えるV字回復ストーリーがなくても、自分の過去を振り返れば、なぜ就活するようになったのかが見えてくるはずなので、それを理由として伝えるのです。

ただし、注意点としては就活するに至った理由は、あくまで自分で思い立ったからであり、誰かに言われたからとか、世間体がとかの他責での理由では、面接担当者の理解を得るのは難しいです。

失敗から得る

今回はニートやひきこもりを例えにしましたが、過去の失敗においてこのV字回復ストーリーが有効です。失敗したが、そこで何を学び、その後どうなったかこの一連の流れを意識することです。

失敗をしない人はいません、失敗を成功への学びや経験とするか失敗で終わらすかは本人次第ですが、就活では学びや経験としている人の方が圧倒的に有利となります。

まとめ

  • 多くの人は、就活に対してネックになることを抱えています。
  • 過去の失敗などは、V字回復ストーリーで伝えます。
  • V字回復ストーリーとは、一度は落ちますがそこから這い上がることです。
タイトルとURLをコピーしました