面接での緊張をほぐす!深呼吸することを忘れてはいけない!

pressure 面接

面接で緊張するのは当然のことであります。そして、ある程度の緊張感はあったほうが良いのですが、緊張しすぎては本来のパフォーマンスを発揮できなくなります。この緊張が過度に起きてしまった場合には深呼吸をしてリラックスすることです。

緊張する

面接となると緊張してしまう人は多いはずで、中には面接の前日はなかなか眠れない、そんな人もいるかと思います。そして面接本番となると、より緊張してしまいパフォーマンスを発揮できない人もいるかもしれません。

そもそも、なぜ緊張してしまうのかというと、面接で失敗せず完璧にこなしたい、いいところを見せようとする、そして慣れていないということが考えられます。

重要だから

ですが、緊張したからと言って不採用になることはなく、少々の緊張があった方が、まったく緊張していない状態よりは面接担当者には好印象です。その理由が、緊張しているということは、それだけこの面接が重要なことだと理解していると判断するからです。

つまり、誰だって一日だけ働く日雇いバイトの面接よりも、自分の人生がかかっている長期的に働く仕事の面接の方が圧倒的に緊張するということであり、そして、緊張することが一般的に多くの応募者に起こりえる体の変化なのです。

深呼吸

しかし、緊張のあまり思うように実力が発揮できないのは問題なので、あまりにも緊張してしまい、言葉が出ない、何もできないような緊急な場合には面接担当者に断りを入れて、汗をふく、水分補給をするなど、少し時間をもらうことです。そして、最も緊張をほぐす効果があるのが深呼吸です。

大きく深呼吸することによって確実に緊張度は下がります。頻繁にこの緊張をほぐす時間を貰うのも問題ですが、気持ちの切り替えのタイミングやミスした際の切り替えのポイントで使うと効果的です。

ルーティン

また、面接前には、自分が緊張しないおまじないをしておくのも効果的で、よくあるのが「人」という文字を三回、手のひらに書いて飲み込むことです。

このおまじないを日頃から緊張しそうな場面で事前にやっておくこと、すなわちルーティンとして体に染み込ませることにより、面接本番前だけでやるよりは効果は期待できます。面接では緊張することが当たり前なので、緊張しているからといって不安になる必要は全くありません。

まとめ

  • 面接では、ある程度緊張した方が面接担当者には良い印象を与えます。
  • 面接中に極度に緊張してしまったら、大きく深呼吸をします。
  • 面接前におまじない的なことをして緊張を防ぎます。
タイトルとURLをコピーしました