退職理由の伝え方とは?ネガティブ理由はポジティブ理由に!

退職願 面接

面接で一番伝えるのが嫌な退職理由の伝え方をお伝えします。退職理由は、人間関係などネガティブ理由が多くなりますが、これを前向きな理由であるポジティブ理由に変えることであり、どうしてもネガティブになるのであれば反省していることを伝えます。

退職理由は聞かれる

面接において、必ず前職や現職の退職理由を質問されます。この質問の大きな意図としては、応募者を採用した場合にどのような理由で、会社を辞めるかを確認することです。

そこで、今回応募する会社では、前職の退職理由が無いかをきちんと確認し、例えば前職では残業が多かったことが退職理由である場合、応募先でも残業が多いと言われたら、採用される見込みは低いです。

ちなみに退職理由としてよくあるのが、人間関係、残業・休日出勤の多さ、給与の低さ、そしてメンタル疾患者や発達障害者によくある体調不良です。

伝える際のポイント

伝える時のポイントはシンプルに伝え、叱責された、仕事がつまらない、面白くないなどのネガティブ理由ではなくポジティブ理由に変換し、自分に落ち度がある場合は、今はそれを反省していますという考えを伝えます。

では、人間関係が理由の場合はどうなのかというと、人間関係で辞めた場合にそれだけを伝えてしまうと、うちの会社でもまた人間関係で辞めてしまうのではないかと懸念されます。

例え退職理由が上司と合わなかったとしても

「退職理由は、人間関係でつまずいてしまったことです。安易に辞めてしまったのは明らかに自分が未熟であり、今はそれを反省し今後はそのようなことがあれば支援者や他の上司に相談し長続きしたいです。」

と志望動機としてアピールします。

退職しない環境を整える

また、どうしても致し方ない退職理由としては体調不良が挙げられますが、これを何度も繰り返しているのは自己管理がなっていないと思われ、今度も体調不良になるのではないかとも思われます。

そこでなぜ体調不調を起こしたのか、その原因を分析した結果、現在はその原因を解決できる体制が整っているなど、このようなことが伝えられる環境を作っておくことです。

 退職の傾向

優柔不断やなんとなく辞めてしまう人もいますが、きちんと分析すれば退職傾向が見えるはずです。

分析した結果、初めはやる気があったけれど長く働くにつれて飽きてきた、仕事がマンネリで退屈になってしまったなどがわかれば、今度はそれらを解決してくれる職場で働くか、自分を変える必要性があります。

まとめ

  • 退職理由を聞く意図は、今回は同じ理由で退職しないかの確認です。
  • 退職理由は、ネガティブ理由ではなくポジティブ理由で伝えます。
  • 同じ理由で退職することのない体制の整備が必要です。
タイトルとURLをコピーしました