面接日当日までには絶対やる!面接場所や就業場所の下調べ!

MERIT 面接

書類選考が通り面接の話しが出された場合に事前にやっておくことが、面接場所や就業場所の下調べです。これには、3つのメリットがあります。まずは、当日に面接場所まで迷わない為で、面接で遅刻するというのはかなりのマイナスに繋がります。

パフォーマンスを発揮

面接が決まった際には、必ず、面接場所や就業場所を事前に確認しておくことが大切になってきます。最近は、スマホの地図アプリなどを使うことによって、事前に確認することができますが、実際に現地を確認するには大きな3つのメリットがあります。

まず一つ目のメリットとしてあるのが、時間に間に合わなかったことにより面接でパフォーマンスを発揮できないことのないようにするためです。いくらスマホが万能であっても、実際に下見までした方が安心だからです。

段取り上手

2つ目のメリットは、面接当日に面接担当者か、迷わず来られましたか、と挨拶的な会話がされますが、この時に事前に下調べしたことを伝えることで、仕事に対しての段取りの良さをアピールすることになります。

また、なんでも言われてから動くという指示待ち人間とは違い、自分で今やるべきことは何かがわかる人材であることを伝えることにもなります。

イメージする

最後のメリットは、就業場所を事前に見ることにより、働く自分がイメージできるからです。実際の働く環境までは下調べではわかることは少ないのですが、職場の建物や周囲の環境を事前に見るだけでも違います。

その大きな違いというのが、面接では色々な刺激を受けます。なかには、こんな立派建物やオシャレなオフィスで自分が働けるのかと萎縮してしまう人もいます。それが面接で影響しないためにも、事前に得られる情報を得て面接に挑むのです。

まとめ

  • 下調べには、当日迷わないメリットがあります。
  • 下調べには、段取り上手をアピールするメリットがあります。
  • 下調べには、刺激を少なくする目的があります。
タイトルとURLをコピーしました