面接においての苦手なこと!事前に合理的配慮として伝える!

HELP! 面接

なんでも出来る人というのは存在しません。応募者の中には面接を苦手とするコミュニケーションが苦手な人もいます。その際には、事前にそのことを伝えてしまうことです。すなわち面接においての合理的配慮をもらって面接を受けるのです。

考えを伝える

面接では、当然コミュニケーション能力が必要とされます。会話スキル、説明スキル、受け答えスキルなどなどありますが、その中でも重要なのが自分の考えを伝えるスキルです。

もちろん面接だけではなく対人関係においても大切なスキルです。面接の場においての自分の考えを伝えるというのは、質問に対して、自分の考えを答えるということになります。

コミュ障

頭ではわかっているのに、どうしても言葉にできない。これがいわゆるコミュ障(メンタル疾患のコミュニケーション障がいではなく、話下手などのレベルです)です。沈黙が続く中で焦りが増し、結局、上手く伝えられずに終わってしまう。

そんな人もいます。面接ではどうやって攻略するかというと、まずは、面接前に断りを入れ

「私は、自分の考えを伝えるのが苦手で、ご質問の解答には時間がかかり、上手く伝わらないかもしれませんが、よろしくお願いします」

と言ってしまいましょう。一言で言えば面接における配慮事項であり免罪符です。

ボクのケース

また、ボクの話しになりますが、面接で経歴を伝える時に「失礼ですが、職歴が多いので、職務経歴書を見ながら答えさせて頂きます」と言ってから話したことがあり、内定を頂きました。

このように、職務経歴書や伝えたいことのメモ紙などを用意して面接で見ることも間違いではなく、面接が苦手であってもある程度は自分がやりやすいようにしてしまって構わないと考えています。面接担当者がダメと言えばダメなのですが、言うだけの価値はあります。

まとめ

  • コミュニケーションが苦手であれば、そのことを始めに伝えます。
  • 自分の苦手なことを事前に伝えて免罪符にしてしまうことです。
  • メモ紙などを用意して面接で見ることも間違いではありません。
タイトルとURLをコピーしました