面接後は必ずお礼を出す!お礼では絶対に伝えることがある!

THANK YOU 面接

障害者雇用面接であっても、面接後には必ずお礼を伝えることです。就活者の中には、お礼など無用と考える人もいますが、メールであれハガキであれ必ず伝えることです。そして、そのお礼では単にお礼を述べるだけではなく、絶対に伝えるべきことがあります。

お礼は必ず出す

面接が終わったら、面接担当者にお礼状を出すべきなのかの疑問があります。そのようなお礼状をもらっても、無駄になるだけという合理的な考えの面接担当者も存在するかもしれませんが、結論を言ってしまえば出すべきです。

日本人の考え方は悪く言ってしまうと、昔からの古い慣習を大切にするところがあり、良く言えば礼儀作法を重んじるところがあります。そのためお礼状は、出さないよりは出しておいた方が良いでしょう。

お礼状の出し方

お礼状は、官製はがきでも手紙でも構いませんし、手書きでもパソコン印刷でも構いません。名刺を頂戴した場合などでメールアドレスがわかる場合には、メールでお礼を伝える方法もあります。

また、お礼状の出すタイミングですが、選考結果が届く前に出すのが重要になってきますので、面接をして頂いたその日のうちに出すのが適切です。

ただし、面接が終わった直後、例えば帰りの電車の中や、面接会場を出た直後よりも、面接後に帰宅して面接のこと振り返った後位の時間に出すのが良いです。そして、手紙の場合は速達で出し、面接が複数回あるのであれば、最初の一次面接の後に出すだけで構いません。また、面接担当者が複数いた場合には、連名で出しても問題はありません。

入社意欲が上がった

お礼状を出す上で一番重要なことは、面接の結果により熱意や貢献度が上がったこと、どうしても面接で伝えきれなかったこと、面接で答えられなかったことについて改めて答えることなどです。

具体的には、

「貴社の障害を持った方の働き方に対して非常に感銘を受け、貴社であれば、私は長く貢献できると改めて感じました。」

「面接では緊張してしまい、つじつまが合わないことをお伝えしてしまった場面もございます。大変申し訳ございませんでした。」

などと記載します。

イメージ戦略

お礼を出す一番の目的は、忙しい中面接の機会を作って頂いたこと、そして面接をして頂いた感謝の気持ちです。しかし戦略的な視点ですと、イメージアップにつながることになりますが、このイメージは入社してからも関わることになります。

多様な考えの中、お礼を出して不採用になったという話は皆無とも言えますので、是非とも出すようにすることです。

まとめ

  • 面接後のお礼状は出すべきです。
  • お礼状ははがき、手紙、メールでも構いません。
  • 志望意欲が上がったことを必ず伝えます。
タイトルとURLをコピーしました