長続きしたことをアピール!障害者面接において必ず伝える!

POINT 面接

面接担当者は、メンタル疾患者や発達障害者に対して、長続きしてくれるかが不安です。そこで、応募者は、嫌なことだったがやっているうちに楽しくなって続けたことを伝えることです。このことで、障害者雇用の仕事に対しても長続きしてくれると判断されます。

面接担当者の不安

面接担当者はメンタル疾患者や発達障害者に対して、体調を崩さないか、職場の環境に合うか、職場の人間とうまくやっていけるかなどの不安を抱きますが、最も大きな不安は長続きできるかの長期継続就労できるかです。

誰でも好きな事であれば楽しく継続することできますが、仕事の多くは好きではない事や、やりたくない事をずっとやる必要があります。特に障害者求人の仕事は面白みがないことが多く、このことが長期継続就労にいたらない原因の一つでもあります。

アピール方法

そこで、面接において応募者はこの長続きできない不安を払拭させるために、嫌なことで始めたけれど楽しくなり続いてしまった事をアピールします。

就労移行支援事業所での訓練で例えますと、「パソコン初心者の私にとってパソコン訓練は、とても辛かったですがやっているうちにパソコンスキルが上がり、とても楽しくなりました。今ではこの技術を活かした仕事をしたいです。」

また、前職のデータ入力業務を例えますと、「データ入力業務をおこなっておりましたが、初めは退屈で時間ばかり気にしていましたが、毎日の入力件数やミス率を集計し、どうすれば早く正確にタイピングできるかを意識して業務を行うことをしました。その結果、仕事に対して前向きに取り組み、飽きることなく続けることができました。」このように伝えます。

採用に近づく

このような伝え方により、好きでもない仕事と向き合っても楽しさを見つけて長期的に働いてくれると面接担当者は判断してくれます。

苦手なことや嫌なことであっても、やりがいや楽しさを見つけ長続きしたこというアピールは、とても大切なことなので面接において是非伝えて採用に近づけることです。

まとめ

  • メンタル疾患者や発達障害者に対して、長続きしてくれるかの不安があります。
  • 障害者求人は、面白みのない仕事が多いです。
  • 面接では、長続きしたことをアピールします。
タイトルとURLをコピーしました