圧迫面接は攻撃されていると思わない!前向きに捉えること!

圧迫面接 面接

面接担当者が圧迫面接をした、攻撃的だったなどの話しはよくありますが、社会に出るということは、ある程度のストレス耐性が求められるのです。圧迫だと思わずに面接担当者は自分に興味があるから色々質問しているのだと、前向きに捉えることが重要です。

攻撃的な面接

圧迫面接とは言いたくありませんが、障害者雇用面接の場面であっても、メンタル疾患者や発達障害者に対して、面接担当者が攻撃的な質問をすることがあります。どのような質問かと言いますと、

「いろんな資格たくさん持っているけど、実際どれが役にたつの?」

「転職回数が一回もないって、よほど楽な会社だったんでしょ?うちは厳しいよ!」

「また体調不良で休んだりしないかな…」

などなどです。

きちんと対応し加点を狙う

思わず、攻撃されている!と思ってしまいますが、その返しとしては、否定から入らず、まずは相手の言葉を受け入れましょう。

「確かにおっしゃる通りですが、資格を取得したことにより自信がつきました、この自信を持って御社で貢献したいです。」

「お言葉の通り、とても恵まれた環境でしたが、どうしても応募職種で働きたい気持ちがあり、覚悟を持って転職活動を行なっております。」

「ご心配はもっともだと思いますが、今回はオーバーワークにならないように、無理せず長続きできる働き方をしていきます。」

このように冷静にアピールの場としていくのです。

傷つきやすい

圧迫面接もそうなのですが、面接担当者が興味を沸かない応募者に対しては、時間も取らないでしょうし、あえてこのような攻撃的と思われる質問も投げかけません。このような質問をされて、きちんと答えることによって加点につながります。

メンタル疾患者や発達障害者の人はたくさん傷ついてきたので、ちょっとしたことでも攻撃されていると思いがちですが、面接担当者は攻撃なんかせず、応募者と単に会話をしているだけだと思うことです。

このように思い込むことで面接も前向きに取り組むことができ、それが採用へとつながるのです。

まとめ

  • 面接担当者が嫌な質問を投げてくることがあります。
  • 嫌な質問であっても、ネガティブにとらえることのないようにします。
  • 圧迫や意地悪ではなく話しをしているだけだと思うことです。
タイトルとURLをコピーしました