面接は明るく元気よく受け答え!ネガティブイメージを払拭!

Good! 面接

面接では、どのような態度で臨むのが良いかといいますと、特に障害者雇用面接で重要とされるのが、明るく元気の良い態度で受けることです。なぜ重要なのかというと、それはメンタル疾患者や発達障害者のネガティブイメージを払拭させるためです。

ネガティブイメージ

ボクがそうなのですが、何かあるとすぐに元気がなくなったり落ち込んだり、ネガティブ思考に陥ってしまいます。

面接担当者は、メンタル疾患者や発達障害者に対するこのようなネガティブなイメージを持っているので、このイメージを払拭させるためにも、面接では明るい自分、元気な自分で受け答えしていく必要があります。

好感が持てる応募者

やはり明るく元気がある人は好感が持てます。この好感度にプラスして伝えたいことが、熱意になります。熱意とは熱心な気持ちということであり、応募する仕事がどれだけ好きなのか、その仕事に従事しどれだけ貢献したいのかという熱い思いです。

面接担当者は、うちの職場で一緒に長く働いてくれる人を求めています。それに対して一番に応募者が伝えなければならないことは、面接担当者と同様に、この会社で働きたいという熱意になります。この一緒に働きたいという気持ちがない、もしくは面接担当者に伝わらないと内定は難しくなってきます。

はっきりと

熱意の伝え方としては、やはり明るく元気よく伝えることが求められます。ボソボソ話しをしたり小さな声で話してしまっては、面接担当者には元気がない、暗いという印象を与えてしまいます。

その結果、何かあったらすぐ仕事を休むのではないか、すぐ辞めるのではないか、そもそもどこか体調が悪いのではないかと思われてしまいます。内定を勝ち取るためにも明るく元気よくを心がけ、はっきりとした話し方で伝えることです。

まとめです

  • メンタル疾患者や発達障害者には、ネガティブなイメージもあります。
  • 明るい表情と元気な受け答えを意識することです。
  • はっきりとした話し方で伝えることです。
タイトルとURLをコピーしました