面接では注意されることも!決して腹を立てて言い返さない!

注意!! 面接

いろいろな会社があるため、いろいろな面接担当者がいます。中には、ブラック色が強くハラスメント的な面接を行う面接担当者もいて、面接において注意されてしまうこともありますが、決して言い返さず冷静に大人の対応で乗り切ることです。

面接担当者から注意

面接において時には、面接担当者から注意されることがあります。「こんな短い期間の職歴はわざわざ書かなくていいんだよ」「そんなんじゃどこも雇ってくれないよ」などなどと言われた経験がボクにはあります。

その当時の僕はまだ若かったこともあり、素直にハイハイ聞いていました。しかし、世の中にはそのようなことに対してつい言い返してしまう人もいるかもしれませんが、それはやめておくことです。

注意を指摘と受け止める

基本的に面接担当者は、採用しない応募者という今後どのような関係性になるか分からない人に対して注意をすることは、はっきり言って少ないです。注意する方も面倒ですし、そんなことをせずとも、ダメだと思えば適当に笑顔で対応して落としてしまえば良いのです。

しかし、自分の至らないところを指摘してくれる、アドバイスをしてくれる人が面接担当者と言うのは恵まれていると思うことです。

適当に流す

もちろん、単なる意地悪で注意を言う人や圧迫的面接をする人もいるかもしれませんが、何か言われてへそを曲げたり、言い返すのではなく、素直に

「ありがとうございました、大変勉強になりました」

と伝え、その言葉を今後の就活に活かせばよいのです。

この注意を言われることも言い換えれば失敗体験であります。失敗を糧にどのように成長できるかが大切ということです。

我慢もほどほど

しかし、メンタル疾患者や発達障害者の中には、メンタル面が非常に弱い人もいます。このような面接担当者のひどい圧迫的面接に耐えることが難しいケースもあります。

そのような時は、

「お忙しい中、貴重なお時間を頂き大変ありがとうございました。私が求めている方々がいる会社ではないと判断したので、本日は失礼致します」

と伝えて帰りましょう。

結局、何が言いたいのかと言いますと、普段から感情的にならずに冷静な対応を心かげようということです。

まとめ

  • 面接では、注意されることがあります。
  • 面接で注意されても、決して言い返すなどしないことです。
  • 面接での注意を、今後の成長材料とすることです。
タイトルとURLをコピーしました