第一印象を良くしよう!採用担当者は見た目で判断している!

POINT 面接

第一印象を良くしよう、これは就活、特に面接においてはとても重要なことです。採用担当者も人間である以上、見た目で判断することはあります。それだけに、正しい言葉使いと身だしなみ、ビジネスマナーなどに注意をはらって、第一印象を良くすることです。

ビジネスマナー

就活ではビジネスマナーを身につけることはとても重要になってきます。新卒入社であれば、入社後にビジネスマナー研修を受けることもあるかもしれませんが、中途採用の場合は、そのような研修はなくビジネスマナーは身につけていて当然なのです。

では、面接において求められるビジネスマナーとは何かと言いますと、正しい言葉使いと身だしなみです。自分に適切な言葉使いと身だしなみがついているかを確認するには、支援者に尋ねてみることが良いでしょう。

言葉使いと身だしなみ

日本語というのは、非常に難しいものです。その中で正しい言葉使いといっても面接時に使う言葉使いには、敬語、丁寧語、謙譲語などがあり、これを使い分ける必要があります。これは、日頃から使い続けることで身につけることができますので、買い物や診察時など生活で使える場面があれば使っていくことです。

身だしなみとはどんなことなのかといいますと、見た人を不快にさせず場に合った見た目ということです。TPO、時と所と場合に応じて服装などを選ぶということであり、それに加えるならば清潔感があることです。

荷物は最小限に

ただ、注意したいことで意外と気づいていない人が多いことがあります。それは、スーツのポケットやカバンに物を詰め込みすぎてパンパンに膨らんでいることです。面接の時はポケットの中を空っぽにするか、入れるとしても汗拭きのハンカチ程度にすると全体的にスマートな印象になります。

カバンも同じくパンパンなカバンはみっともないので、同じく面接の時は荷物を最小限にして、書類等を頂いた場合にはカバンにスムーズに入るようにしましょう。

この時に注意したいのが、靴とカバンとベルトの色は同じ色でそろえることで、見た目も良くなります。

チェックポイント

ちなみにですが、応募者のどのような第一印象を面接担当者がチェックしているかというと、面接担当者が男性の場合は雰囲気であり、女性の場合は違和感と言われています。このことは面接に限らず、一般的にもそのように言われております。

つまりは、その応募先で働いても問題ない雰囲気があること、違和感がないことが求められるのです。

そもそもですが、応募先は応募者の見た目から個性などは全く求めていません。厳しいことを言ってしまうと、応募先のパーツになってくれるかです。

第一印象が大事

面接において第一印象が良いか悪いかによって、面接でのスタートラインが変わってしまいます。当然、第一印象が良ければ悪い人に比べて、うちで働いてもらいたいという気持ちが強くなります。

このことは自分の身近なことで考えれば良いのですが、清潔感がある人とない人とではどちらの人と一緒に仕事をしたいですか、となれば断然に清潔感がある人になるはずです。

そして、面接担当者が思う良い印象だったの「良い」とは、一緒に働いてうまくやっていけそうだと思うこと、そのイメージが湧いたということです。このイメージを沸かせるためにも第一印象は大事ということです。

まとめ

  • ビジネスマナーとは、正しい言葉使いと身だしなみです。
  • 面接時の荷物は最小限にすることです。
  • 面接においては、第一印象が大事になってきます。
タイトルとURLをコピーしました