応募書類の作成はパソコンか手書きか!そしてその理由とは!

キーボードとマウスとペン 応募書類

応募書類の作成はパソコンか手書きかで悩む方もいるかと思います。最近はパソコンで作成する人が多いですが、どちらで作成するべきなのか、この答えを解説します。また、なぜその方法で応募書類を作成したのか、その理由は、相手が見やすいためです。

明確な判断基準はない

応募先から応募書類の作成について手書きかパソコンの指定があれば、その通りに作成すればいいのですが、指定がない場合はどちらで作成すればいいのか悩まれる人も多いと思います。

基本的に、履歴書以外はパソコンで作成しますが、履歴書は手書きかパソコンのどちらで作成したらいいのか、悩む方が多いと考えています。

最近はパソコンで履歴書を作成する人が多数だと思いますが、就活専門書や就活サイトを見ていると手書きが有利と言う意見もある中、パソコンで構わないという意見もあります。

それぞれのメリット

それぞれの理由としては、手書きだと誠意や人柄が伝わる、パソコンだとパソコンスキルが伝わるということです。

この理由ですが、実際、手書きの文字から誠意や人柄が伝わり、それが採用を左右するかは不明であり、パソコンスキルがわかると言っても、最近はインターネットに書式が完成されたフォーマットがあり、採用担当者には入力スキルしか伝わらないでしょう。

採用担当者の読みやすさ

では、少しでも有利な方として、どちらの方法で作成すれば良いのかという疑問に至るのですが、それは、読み手である採用担当者が読みやすい方です。相手のことを考えるのは社会生活では大切なことであり、手書きの方がきれいで丁寧であれば手書き、パソコンの方がきれいで丁寧であればパソコンで良いと結論付けました。

もし、応募書類の作成理由を聞かれたら「採用担当者様が読みやすいのではないかと考えました。」と答えればベストです。ちなみにハイブリッド方式として名前と日付だけは手書きで書いてその他は全てパソコンで作成するやり方もあります。

サイズや用紙

パソコンで作成する際の印刷用紙についてですが、ハローワークでは履歴書をA3サイズ1枚で作成することを推奨しています。しかし、それだと自宅のプリンターの環境によってはA3サイズに対応しておらず、わざわざコンビニで印刷することになりますので、A4サイズ2枚でも問題はありません。

印刷用紙についても、一般の印刷用紙よりも少し厚めの用紙を使う方が好ましいという情報もありますが、一般的なホワイトの印刷用紙で問題ありません。仮に金銭的に余力があれば、少し厚めの印刷用紙を使うのが良いでしょう。

まとめ

  • 応募書類の作成は、パソコンか手書きの指定があればそれに従います。
  • 応募書類の作成で、指定がなければ綺麗な方で作成します。
  • 用紙は普通紙でかまわず、サイズはA4サイズ2枚で問題ありません。
タイトルとURLをコピーしました